四股踏みとスクワット

下半身のトレーニング

「四股踏み」と「スクワット」効果が高いほうはどっち?

四股踏みとスクワット。

どちらも下半身の筋トレとしては、効果の高い種目です。
なのであなたの目指す目的に近づくことはできるでしょう。
しかし、四股踏みとスクワットでは効果に違いがあるのも事実。

できれば自分に合ったほうで行いたいですよね?

なので今回は、四股踏みとスクワットの効果と違い、
さらに目的別に効果があるほうがどちらか?
私なりに比較してみましたので、お伝えしていきます。




2つの筋トレで効果のある筋肉

まずは2つの筋トレで、効果のある筋肉を見ていきましょう。

四股踏みは、太もも(大腿四頭筋)、太もも裏(ハムストリングス)、
お尻(大殿筋)、腹筋、体幹など、得られる効果はたくさんあります。

私が一番効果を感じたのは、太もも裏と体幹です。
40歳の時、10年ぶりにスノーボードを始めたのですが、
「前より上手になっていました(笑)」

びっくりです。

前なら転んでいた体勢でも、踏ん張りが利いて耐えられるんです。
四股踏み様様ですよ、ほんと。
なので私は四股踏みが好きになりました。

こちらで四股踏みについて詳しく説明しています。

四股踏みはダイエットに最適な筋トレ、女性に特におすすめ!

スクワットも同様に、太もも(大腿四頭筋)、太もも裏(ハムストリングス)、
お尻(大殿筋)、腹筋、体幹など、得られる効果はたくさんあります。

スクワットは基本の形以外にも、ブルガリアンスクワットやジャンピングスクワットなど、
バリエーションが豊富でより目的に合った種目で効果を得ることができます。

こちらでスクワットについて詳しく説明しています。

スクワットの効果とやり方を解説、正しいフォームで筋トレしよう



筋肥大目的はスクワットのほうが効果を出しやすい

スクワット

筋肥大を目的とした場合、スクワットのほうが効果を出しやすいです。

理由は、スクワットは負荷を変えることができるから。
四股踏みは、基本的に自重で行う種目なので最初のうちは筋肥大も期待できます。

しかし自重筋トレであるため、負荷が足りなくなってきても、それ以上強くするのが難しいのです。

ではスクワットはというと、こちらは自重で負荷が足りなくなったら、
バーベルやダンベルなどを持って行うことができます。

さらに、可変式のダンベルを使えば負荷の調整は自由自在。
オールアウトするまで太ももを鍛えることができます。

以上のことから、筋肥大を目的とした場合はスクワットのほうが効果を出しやすいです。

とにかく安定したブレない下半身が欲しい場合は四股踏みが良い。

四股踏みのやり方

とにかく安定したブレない下半身が欲しい場合は、四股踏みが最適です。
スクワットでも十分に安定した下半身を作ることができますが、
四股踏みはスクワットにないものがあります。

それは、足を振り上げることです。

この動作をすることで片足で全体重を支えることになるんですね。
さらに足を振り上げているので、バランスをとるために体幹も必要です。

以上のことから、安定したブレない下半身が欲しい場合は四股踏みが最適です。

足を細くしたいダイエット目的の場合は四股踏みのほうが良い。

足を細くしたいダイエット目的の場合は四股踏みのほうが良い

「足を細くしたい」、「ダイエットしたい」等の場合は四股踏みのほうが良いです。
スクワットは太ももの強化=足を太く、強くするイメージが強いですね。
実際にそうゆう目的でスクワットを筋トレメニューに取り入れている人が多いと思います。

では四股踏みはどうか?

四股踏みで足を太く強くしようと思う人は少ないと思います。
イメージの話になってしまいましたが、実際に四股踏みのダイエット効果はすごくあると思います。

ダイエット目的なら、四股踏みをおすすめします。

スポーツの身体能力強化が目的の場合は?

各スポーツでも筋トレは、練習のメニューに取り入れられると思います。
四股踏みとスクワットではどちらが良いかは言えないです。
それは各スポーツによって鍛える筋肉が違うからですね。

強いて言うなら、武道系の種目は四股踏みのほうが合っていると思います。
その他のスポーツは、どちらかというよりは両方行ったほうが良いと思います。

野球ではスクワットをよく行いますが、イチロー選手が四股踏みを行っているのは有名な話ですよね。
このことから、それぞれのスポーツの強化目的の場合は両方行うことをおすすめします。

まとめ

四股踏みとスクワットを色々比較してきました。

行う目的によってどちらが良いのか判断に迷うときは参考にしてください。

ちなみに私的には、四股踏みのほうが好きです。
スクワットだと負荷を上げたくなるからです。

その結果、太ももが太くなりズボンがキツくなりました(笑)
なので足は太くしたくありません。

筋トレを行った後は、効果を最大にするためにプロテインなどで、しっかりと栄養補給をして筋肥大やダイエットを成功させましょう。

こちらの記事で詳しく解説しています。

筋トレの効果を最大化する方法、プロテインやHMBなど筋肉サプリを上手に取り入れて筋肉肥大やダイエットを成功させよう!

それでは本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

ピックアップ記事

  1. 細マッチョのダンベルの重さや筋トレの回数は?自宅筋トレメニュー完全ガイド!正しい…
  2. 腹筋の鍛え方、ダンベルを使ったトレーニング方法をご紹介します。
  3. 四股踏みの効果は筋トレスクワットより上!下半身痩せはこれだけで十分!!
  4. メタボ解消法はこれだ!たった二つのことをするだけで3ヶ月でお腹周りをスッキリさせ…
  5. 筋トレ女子は毎日行ってはダメ!女性の正しいダイエット方法とは?

関連記事

  1. バーベルスクワット

    下半身のトレーニング

    ダンベルスクワットの効果を最大にするやり方| 腕が疲れないで最後まで追い込む方法とは?

    ダンベルスクワットで腕が先に疲れてしまって太ももを最後まで追い込み切れ…

  2. ブルガリアンスクワット
  3. 下半身痩せスクワット
  4. 下半身痩せの筋トレ

    下半身のトレーニング

    ランジの筋トレ効果とやり方、下半身強化に最適!

    ランジは下半身全体を鍛えるのに効果的な筋トレです。特に太もも、…

  5. ふくらはぎの筋肉
  6. ふくらはぎの筋肉

    下半身のトレーニング

    ふくらはぎのむくみは筋トレで解消できる!原因とやり方をご紹介します!!

    足のむくみに悩んでいませんか?長時間たちっぱなしだったり、同じ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. リバウンドしない
  2. MCTオイルのカプセル
  3. MCTオイルで下痢にならない方法
  4. MCTオイル
  5. プッシュアップバーを使った腕立て伏せ
  1. 腹筋のトレーニング

    腹筋の鍛え方、女性が美しいシックスパックを手に入れるには?
  2. 腹筋のトレーニング

    腹筋の鍛え方、ダンベルを使ったトレーニング方法をご紹介します。
  3. リバースグリップダンベルプレス

    大胸筋のトレーニング

    リバースグリップダンベルプレスのやり方と効果、インクラインベンチがなくても大胸筋…
  4. 四股踏みの効果とやり方

    下半身のトレーニング

    四股踏みの効果は筋トレスクワットより上!下半身痩せはこれだけで十分!!
  5. HMBサプリの飲むタイミング

    ダイエット

    HMBの飲むタイミングは? 効果の出るおすすめのサプリもご紹介します
PAGE TOP