懸垂で肘の内側を怪我した

背筋のトレーニング

懸垂で肘の内側を怪我してしまった原因はやりすぎ!筋肉痛も治らない。40代の筋トレ初心者は気をつけよう

懸垂を行うときによくある問題として、手や肘の内側が痛い、激しい筋肉痛になった。

ということがあります。

これらの問題を、筋トレ初心者の人に多く見られる場合がほとんど。

特に40代で初めて筋トレを行った、私のような人は高確率で体のどこかが痛くなったり、ケガをしてしまいます。

 

その原因は負荷が強すぎるか、やりすぎのどちらか、または両方です。

原因がわかれば対処法も見えてきます。

ということで今回は懸垂で筋肉痛にならない方法、手や肘が痛い時の対処法や初心者におすすめのやり方。

これらを40代で筋トレ初心者だった私の経験も踏まえてお伝えしていきます。




懸垂は最強の自重筋トレなので40代の初心者は手を出さないほうがいい

40代の初心者トレーニーに懸垂はものすごくハードな筋トレメニューです。

若い頃のように「懸垂ぐらいできるだろ」みたいな感覚でやってしまうと痛い目にあうことになりかねません。

懸垂は背中の筋肉、主に広背筋を使って身体を引き上げる。

このため、腕で引き上げようとしてしまうと肘や肩に非常に強い負荷がかかってしまいケガの原因になります。

なので初心者は基礎筋力の底上げと広背筋をしっかりと意識して使えるようになることに集中しましょう。

懸垂はその後から徐々に行っていくほうが効率よく筋トレを行うことができると思います。




懸垂は初めのうちは負荷を減らしたやり方で行うほうがケガのリスクは少ない

懸垂は初心者のうちから行おうとするとケガのリスクが高いですが、負荷を軽くしたやり方であれば問題なく行うことができます。

負荷を軽くする方法とは?

と言うと、踏み台を使って懸垂の動作を行うことです。

動画を撮ってみたので確認してみてください。

 

 

踏み台を使うことで足の筋肉で体の上げ下げのサポートをします。

そうすると、懸垂で本来使うべき筋肉である広背筋にかかる負荷を減らすことができます。

そしてて幅を広くしてワイドグリップで行うと腕の関与が少なくなり、より広背筋の力だけで体を持ち上げることになります。

なのでしっかりと背中を鍛えることができます。

 

そしてワイドグリップで行うもうひとつの利点は、肘の可動域が狭くなること。

肩幅くらいのて幅だと肘が140度くらいまで曲がります。

一方、手幅を広くしてワイドグリップで行うと90度ぐらいまでしか曲がりません。

これは骨格がそういう作りになっているので、誰であっても同じです。

個人差はありますが。

無理に曲げようとすれば多分、肩が外れると思います(笑)

肘が90度くらいまでしか曲がらないということは、140度くらいまで曲げる時よりも肘にかかる負荷が減るので肘のケガの予防にもなります。

こちらの記事で懸垂ができないときのやり方を詳しく説明しています。

しかし、一つ欠点があります。

それは私のように公園で行うと、「恥ずかしい」ということです。

筋力がないので仕方ないのですが、周りの目を気にしていると恥ずかしくて行うことができません。

筋トレは自分との戦いなので周りは気にしないようにしましょう。

笑いたい奴は笑えばいい、と心の中で思っていればいいと思います。



 

懸垂で手が痛い時の対処法、リストストラップと手袋で手にかかる負荷を大幅に減らすことができる

リストストラップ

懸垂で広背筋を鍛えたいのに腕が痛くて先に辛くなってしまう。

筋トレ初心者に多い悩みですよね。

私もその一人でした。

ですがこの問題は、筋トレグッズで対応することが可能です。

リストストラップと手袋。

この二つがあれば手にかかる負荷を大幅に減らすことができます。

動画の中でも使っているものです。

 

リストストラップは鉄棒やバーに巻きつけて使用します。

巻きつけることで、手にかかるはずの負荷を手首に かけることができます。

なので手や腕が疲れることがありません。

しっかりと広背筋を追い込むことができます。

 

そして手袋。

リストストラップを巻きつけた上に素手で握るとやっぱり手が痛いです。

なので手袋をして行うと手は痛くありません。

私の手袋はワークマンで100円のものです。

高価なものを必要ありません。

この二つがあれば広背筋をしっかりと追い込むことができます。

是非揃えておきたい筋トレグッズです。



懸垂のやりすぎで肘の内側を痛めるのは必然だった理由

実は私、懸垂でケガをしました。どこをケガしたのかというと、肘の内側です。

「えっっそこ?」て感じですよね。懸垂でケガをする場所としては、

背中、肩、が多いと思います。

 

しかし、懸垂は上半身最強の自重筋トレの1つです。

どこをケガしても不思議ではありません。

ケガは突然やってきます。後悔先に立たずとはまさにこのこと。

 

懸垂でケガをした原因はやりすぎ

懸垂でケガをした主な原因は、懸垂をするには絶対的な筋量が足りなかったことと、

やりすぎだと思っています。

詳しく説明します。

 

筋トレを始めて1か月くらい経ったころ懸垂を始めました。

始めは、腕立て伏せが1回も出来ないくらいの筋量しかありませんでした。

なので、膝をついて腕立て伏せをしていたくらいです。

1か月も経つと、腕立て伏せも8回くらいできるようになり、

背中も鍛えなきゃと思い、懸垂を始めましたが、

最初は、1分もぶら下がってられませんでした。

 

治らないかと思った筋肉痛

そして、いきなり飛びつきネガティブ動作をできる限りやった結果、

翌日、筋肉痛。翌々日、激しい筋肉痛。ドアを引くのもつらいくらい。

ここから3週間、筋肉痛が治まるまで時間がかかりました。

 

何も考えずにやった結果がこれです。もう治らないかと思ったほどです。

筋肉痛も治まり懸垂を再開して1か月くらいで、逆手懸垂が3回できるようになり、

目標の10回を目指して頑張っていました。

 

懸垂の頻度ですが、3日に1回やっていました。雨の日も、風の日も、雪の日も。

さらに家で、足上げ腕立て伏せできる限りを3セット、握力を鍛えるパワーボールを

左右3セット。

 

今思えば、ほんとやりすぎ。量も頻度もです。

アラフォーの筋トレ初心者のやることではないです。

 

これをさらに3か月続け、逆手懸垂は8回まで回数が伸びました。

が、徐々に肘に違和感を覚えます。

でもまだそれほど痛くないから大丈夫と自分に言い聞かせ、もう少しで10回できる。



そして肘の限界がやってきてしまった

もうそこしか見えていなかったと思います。ですが肘の限界が先に来てしまいました。

懸垂をしている時は大丈夫なのに、終わってからしばらくすると徐々に痛みが増してきます。

そして、次の日も痛みは治まらず、さすがにやばいと感じ、そこから懸垂は断念し、

 

半年以上たった今も、再開のめどはたっていません。

 

他のメニューはできるようになっていますが、懸垂はまだできません。

なので今は、懸垂の代わりにスポーツセンターでラットプルダウンをやっています。

ラットプルダウンだと、負荷調整がピンを差すだけで出来るので、

10回挙げられる重さに設定して行っています。

目標は、70~75kgを10回できるまで通う予定です。

これが出来たら、懸垂に再度挑戦しようと思っています。

2018/10追記

現在は、公園でちょうどいい健康器具を見つけたので、踏み台懸垂を行っています。

 

ということで、長々と私のケガのことを書いてきましたが、ケガはほんと怖いです。

ケガをする理由の半分以上は無理のし過ぎが原因だと私は思います。

 

確かに筋トレは、限界を突破するスポーツです。ですが、それは競技者レベルの話で、

我々一般人は、そこまで限界を求める必要はないです。

だからと言って、楽していいかというとそれも違うので、

このさじ加減がほんとに難しいですね。



踏み台懸垂で自力をつけて本物の懸垂にステップアップしよう

さきほどご紹介した踏み台懸垂で負荷を調整しながら3種類のやり方で本物の懸垂にステップアップできる方法をご紹介します。

現在は逆手懸垂は行わず、順手のワイドグリップの懸垂を目指しています。

それが先ほどの踏み台を使った懸垂です。

そして踏み台懸垂にはステップがあるので順を追って説明します。

 

その1、踏み台に乗り、足の力を利用して懸垂を行います。

最初はこれだけでも筋肉痛になることがあります。

 

その2、やり方は同じように見えますが足の使い方が違います。

その1動画では足の力をフルに使っているので、足の裏が見えていません。

一方、その2のやり方の方は無しの力を極力使わないように行っているので、常に足の裏が見えています。

なるべく背中と腕で体を持ち上げようとしているので足は支えているだけ、という感じです。

その1動画より強い負荷で懸垂を行うことができます。

 

 

その3、片足踏み台懸垂です。

支えている足を両足から片足にすることでさらに負荷を強くすることができます。

これで12回以上できるようになると本物の懸垂が一回はできるようになります。



踏み台懸垂のポイント

懸垂を行うためのステップとして行う場合、なるべく足の力を使わず背中と腕で体を持ち上げることが重要です。

足の力を使ってしまうと楽に体が持ち上がってしまうので、負荷が大きく減ってしまいます。

足は支えるだけで背中と腕で持ち上げる意識で行うようにしましょう。

 

懸垂ができるようになりました

2018.11.11追記

順手の懸垂ができるようになりました。

踏み台懸垂をしっかりと継続して行えば懸垂はできるようになります。

焦らずにできることを確実に行っていきましょう。




懸垂で肘の内側を怪我してしまった原因はやりすぎ!筋肉痛も治らないのまとめ、40代は関節に気をつけましょう

懸垂は筋トレ初心者が行うには難易度が高すぎます。

特に40代になると筋肉痛よりも関節の疲労により関節痛が起きやすくなります。

関節は筋肉痛よりも治りが遅いので気をつけたほうがいいです。

 

なので懸垂は踏み台を使って負荷を調整しながら行っていくとケガの心配もなく順調に筋力を伸ばすことができます。

見栄をはらず、自分のできることから行っていきましょう。

筋トレを行った後は、効果を最大にするためにプロテインやHMBなどしっかりと栄養補給をして筋肥大やダイエットを成功させましょう。

こちらの記事で詳しく解説しています。

筋トレの効果を最大化する方法、プロテインやHMBなど筋肉サプリを上手に取り入れて筋肉肥大やダイエットを成功させよう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村


筋力トレーニングランキング




ピックアップ記事

  1. 筋トレ女子は毎日行ってはダメ!女性の正しいダイエット方法とは?
  2. 四股踏みの効果は筋トレスクワットより上!下半身痩せはこれだけで十分!!
  3. 腹筋の鍛え方、ダンベルを使ったトレーニング方法をご紹介します。
  4. メタボ解消法はこれだ!たった二つのことをするだけで3ヶ月でお腹周りをスッキリさせ…
  5. 細マッチョのダンベルの重さや筋トレの回数は?自宅筋トレメニュー完全ガイド!正しい…

関連記事

  1. リストストラップの使い方

    背筋のトレーニング

    広背筋の鍛え方、リストストラップの使い方と効果

    背筋を追い込みたいけど、先に腕が疲れてしまって追い込み切れない!…

  2. 背筋のトレーニング

    懸垂ができない時の筋トレ方法とやり方!メニューを紹介します

    懸垂は背筋の筋トレとしては最大級に効果がある種目です。でも懸垂…

  3. 筋トレ初心者が懸垂で得られた身体

    背筋のトレーニング

    懸垂ができないときのトレーニングのやり方、動画を使って説明します

    懸垂をやりたいけど一回もできない!こんなふうに嘆いていませんか…

  4. 背筋のトレーニング

    懸垂の筋トレ効果とは?背中の筋肉を大きくしたい人はやったほうがいい

    懸垂は上半身のスクワットと呼ばれるくらい自重筋トレ最強の種目です。…

  5. リストストラップの効果的な使い方懸垂

    背筋のトレーニング

    リストストラップの効果的な使い方|懸垂で最大の威力を発揮してくれる筋トレグッズ!

    懸垂を始めたばかりの頃によくあることとして、 握力がもたなくて続けるこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. リバウンドしない
  2. MCTオイルのカプセル
  3. MCTオイルで下痢にならない方法
  4. MCTオイル
  5. プッシュアップバーを使った腕立て伏せ
  1. インクラインベンチの写真

    大胸筋のトレーニング

    インクラインベンチは代用できる?本物と両方使った感想とおすすめをご紹介します
  2. HMBサプリの飲むタイミング

    ダイエット

    HMBの飲むタイミングは? 効果の出るおすすめのサプリもご紹介します
  3. 細マッチョ

    細マッチョになる方法

    細マッチョのダンベルの重さや筋トレの回数は?自宅筋トレメニュー完全ガイド!正しい…
  4. 筋トレ講座

    筋トレを毎日するのは逆効果?やり方次第で出来ます。その方法とは?
  5. 筋トレ女子のダイエット

    ダイエット

    筋トレ女子は毎日行ってはダメ!女性の正しいダイエット方法とは?
PAGE TOP