下半身痩せスクワット

下半身のトレーニング

下半身痩せはスクワットで出来る!女性必見|引き締まった美しい脚を手に入れる方法とは?

下半身太りに悩んでいませんか?

上半身はそうでもないのに下半身だけ太っている人は実は多いのです。

その原因は下半身の筋肉が少ないから。

引き締まった美しい脚を手に入れるためには筋肉が必要なんですね。

ということで今回は下半身痩せに効果的なスクワットをご紹介します。




筋トレをするとムキムキになるからイヤ。と言っている女性に伝えたいこと

筋トレ女性

筋トレをするとムキムキになるからイヤ。

と思っている女性は本当に多い。

なので真実をお伝えします。

女性は筋トレでムキムキになることはありません。

 

女性がマッチョになるには男性の何倍も筋トレをしなくてはなることはできません。

筋肉を作るには男性ホルモンの中にあるテストステロンという物質が必要です。

女性は男性ホルモンの量が少ないので、筋肉を作る量も男性に比べて少ないです。

なので同じ量の筋トレを行なっても男性と同じように筋肉が大きくなることはないんですね。

 

だから女性が筋トレを頑張ってもムキムキになることはありません。

むしろ、筋トレを頑張る方がほど良く筋肉が付き、引き締まった美しい体を手に入れることができます。

体の美しいラインを出すのは筋肉です。

なので思う存分、筋トレで鍛えましょう。



下半身痩せに効果的なスクワットは四股踏み

下半身痩せ筋トレに効果的な四股踏みのやり方

私がお勧めする下半身痩せのスクワットは四股踏みです。

お相撲さんがやるアレです。

こちらの記事で詳しく解説しています。

四股踏みのやり方|大相撲力士だけじゃない!毎日行うことでダイエットと筋トレ効果が絶大!!全てのスポーツの能力が向上する最強のトレーニング!!!

見た目的にはガニ股で足を大きく開くので格好悪いですが、筋トレ効果は半端ないです。

太もも、太もも裏、ふくらはぎ、 お尻、腹筋、体幹とこれだけ多くの筋肉を同時に鍛えることができます。

なのでおすすめです。

四股踏みのやり方はこちらの動画で確認できます。

 

しかし、 四股踏みは難易度の高い筋トレになります。

なので初めて行う人はできないかもしれません。

私もできませんでした(笑)

なのでまずは股割り(別名:相撲スクワット)から行なっていきましょう。

相撲スクワットのやり方はこちらの動画で確認できます。

 

股割りはガニ股で足を大きく開くまではしこふみと同じ。

ここから足をあげるのではなく、両足をついたまま腰を落としていきます。

そして膝が90°になるくらいまで下げたら、 元の位置まで戻る。

これが股割りです。

こちらの記事で詳しく解説しています。

相撲スクワットのやり方と効果|太ももの引き締めとヒップアップに絶大な威力!美脚を手に入れ周囲の女性と差をつけよう!ダイエット効果も期待できる!!

連続で15回以上できるようになると四股踏みも出来るようになります。

焦らずにできることから確実に行っていきましょう。



四股踏みができるようになったらランジスクワットで太もも、太もも裏、お尻を強化しよう

下半身痩せ筋トレに効果的なランジスクワットのやり方

四股踏みができるようになったらランジスクワットに挑戦してみましょう。

四股踏みは横の動きがメインなのに対し、ランジスクワットは前後の動きがメインです。

色々な角度から筋肉を刺激してキレイな脚を目指しましょう。

 

ランジで 鍛えられるのは主に太もも、太もも裏、おしりです。

片側10回以上できるようになるまで頑張りましょう。

お尻のヒップアップ効果を実感できるようになります。

こちらの記事で詳しく解説しています。

ランジの筋トレ効果とやり方、下半身強化に最適!

さらに下半身を強化したい人はブルガリアンスクワットがおすすめ

下半身痩せ筋トレに効果的なブルガリアンスクワットのやり方

四股踏みとランジでは全然物足りない!

そんなあなたにおすすめなのがブルガリアンスクワット。

ランジの上位互換種目です。

こちらの記事で詳しく解説しています。

ブルガリアンスクワットの効果とやり方|女性にはヒップアップや美脚、男性にはたくましい太もも、さらに男女共にダイエットにもなるのでオススメの筋トレ!

 

片足を椅子などの高い位置に置いて反対の足一本で体を支えます。

そして膝が90度位になるまで体を下げて、そこから元の位置まで戻る。

これの繰り返しです。

ブルガリアンスクワットは太ももに強烈な負荷を与えるので、太ももをしっかりと鍛えてスリムな脚になりたい人にはお勧めの種目です。

 

ブルガリアンスクワットは太もも以外にも効果が高い部位があります。

それは腹筋と体幹です。

片足一本で支えているため、腹筋と体幹が弱いとふらついてまともに筋トレ出来ません。

なので腹筋と体幹もしっかりと鍛えてからブルガリアンスクワットを行いましょう。

腹筋の鍛え方、女性が美しいシックスパックを手に入れるには?

プランクのやり方と効果、腹筋を鍛えてシックスパックを目指そう!

 

HMBサプリでボディメイクと美容対策を同時に行ってくれる美body

下半身痩せには筋トレは必須になることはお伝えしてきた通りです。

しかし、筋トレだけでは思うような効果が得られないのも事実。

そこでおすすめなのが、HMBサプリメントです。

HMBサプリメントは、筋トレの効果を最大限にしてくれるサプリ。

しかも、ボディメイクしながら美容対策もしたいわがままな女性のために登場したのがこの【美body】になります!

美bodyのポイントは、

  1. HMBCa1,500mg配合
  2. 筋肉維持をサポートするクレアチン配合
  3. 必須アミノ酸EAA+非必須アミノ酸11種類配合
  4. 5種類の美容成分配合
    ・ヒアルロン酸
    ・コエンザイムQ10
    ・大豆イソフラボン
    ・コラーゲン
    ・豚プラセンタ
  5. 脂肪燃焼成分配合
    ・L-カルニチン
    ・カテキン
    ・カプサイシン
    ・ブラックジンジャー
    ・αリポ酸
  6. 不足しがちなビタミン11種類配合

このように、女性のためにボディメイクと美容対策を同時に行うことができるサプリメントです。

美しくなりたい全ての女性におすすめのサプリメントです。

公式サイトはこちら▼▼▼

下半身痩せはスクワットで出来る!のまとめ

下半身痩せはスクワットで出来る! ということで3種目をご紹介してきました。

ダイエットの一番重要なカギは継続すること。

継続できなければ体は元に戻ってしまいます。

筋トレは3日に一回で十分に効果が出ます。

一週間で二回筋トレすればいいのです。

 

これなら簡単ですよね。

ぜひあなたの生活の中に取り入れて下半身痩せを成功させ、美しい脚を手に入れましょう。

それでは本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。




ピックアップ記事

  1. 筋トレを毎日するのは逆効果?やり方次第で出来ます。その方法とは?
  2. 筋トレ女子は毎日行ってはダメ!女性の正しいダイエット方法とは?
  3. 腹筋の鍛え方、女性が美しいシックスパックを手に入れるには?
  4. 細マッチョのダンベルの重さや筋トレの回数は?自宅筋トレメニュー完全ガイド!正しい…
  5. 大胸筋の鍛え方、自宅で簡単に行えるメニュー

関連記事

  1. バーベルスクワット

    下半身のトレーニング

    ダンベルスクワットの効果を最大にするやり方| 腕が疲れないで最後まで追い込む方法とは?

    ダンベルスクワットで腕が先に疲れてしまって太ももを最後まで追い込み切れ…

  2. 下半身のトレーニング

    四股踏みはダイエットに最適な筋トレ、女性に特におすすめ!

    四股踏みはダイエットに最適な筋トレです。特に女性は筋肉を大きく…

  3. 相撲スクワット(四股スクワット)のやり方
  4. 下半身のトレーニング

    スクワットの効果とやり方を解説、正しいフォームで筋トレしよう

    スクワットは下半身を全体的に鍛えることが出来る筋トレ種目です。…

  5. 四股踏みの効果とやり方

    下半身のトレーニング

    四股踏みの効果は筋トレスクワットより上!下半身痩せはこれだけで十分!!

    四股踏みって知っていますか?そうです!お相撲さんがやるアレです…

  6. 四股踏みとスクワット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. MCTオイルのカプセル
  2. MCTオイルで下痢にならない方法
  3. MCTオイル
  4. プッシュアップバーを使った腕立て伏せ
  5. AYA流スモウジャンピングスクワットのやり方
  1. 腹筋のトレーニング

    腹筋の鍛え方、女性が美しいシックスパックを手に入れるには?
  2. 大胸筋のトレーニング

    大胸筋の鍛え方、自宅で簡単に行えるメニュー
  3. 筋トレ講座

    筋トレを毎日するのは逆効果?やり方次第で出来ます。その方法とは?
  4. インクラインベンチの写真

    大胸筋のトレーニング

    インクラインベンチは代用できる?本物と両方使った感想とおすすめをご紹介します
  5. 腹筋のトレーニング

    腹筋の鍛え方、ダンベルを使ったトレーニング方法をご紹介します。
PAGE TOP