細マッチョ

初心者のための

ダイエットに効果的な運動は筋トレって知ってますか? 理由とやり方を解説します

ダイエットを始めようと思った時、何から始めますか?

ウォーキング?ジョギング?それとも筋トレ?

答えは筋トレです。

筋トレはダイエットに効果的な運動です。

ウォーキングやジョギングでもダイエットはできます。

しかし、ダイエットの効果を実感するのにはかなりの時間がかかります。

一方、筋トレはそれほど時間がかからずに効果を実感することができるのです。

なので私は筋トレをお勧めしています。

今回は筋トレでダイエットを効果的に行うやり方を解説していきます。

 

スポンサーリンク




 

筋トレはダイエットに効果的な理由|毎日行わなくて済むので生活の中に取り込むことが簡単にできる

筋トレがダイエットに効果的な理由は、毎日行わなくていいということ。

筋トレは基本的に毎日行ってはいけないので、3日に一回ぐらいのペースで行なっていきます。

なのでウォーキングやジョギングなどのように毎日行うようなことはしません。

これが筋トレがダイエットに効果的な理由のひとつです。

 

それともう一つ。

筋トレは一回のトレーニング時間が短くて済むということ。

ウォーキングやジョギングは有酸素運動と言ってある程度長い時間行わないと効果がない運動と言われています。

なので30分から1時間くらいは行わないと効果があまりないと言えます。

しかし筋トレはそこまで時間がかかりません。

 

特に始めたばかりの初心者の頃は、一回のトレーニングが10分もあれば終わってしまいます。

ダイエットの運動が短時間で終わるのはいいことです。

以上の理由からダイエットに効果的な運動は筋トレだと私は思っております。

なぜジョギングダイエットは成功しないのか?

なぜなら、ダイエット目的の場合、非常に効率が悪いからです。

ジョギングの場合、基本的には毎日行う必要があります。

毎日ってかなりきついと思います。習慣にできればいいですが、難しいですね。

 

勘違いしてほしくないのは、

ジョギングダイエットが全くダメと言っているのではありません。

ダイエット初心者には難しいと私は思います。

 

筋トレは初心者のダイエットには最適な方法である

なぜ筋トレでダイエットになるのか?詳しく説明します。

筋トレは、毎日行わなくていい。

これが筋トレダイエットのメリットの1つです。

筋トレは基本的には毎日行わなくていいです。というか、毎日行ってはダメです。

初心者の場合、筋トレは3~4日に1回ペースで行うのがいいと思います。

 

筋トレを毎日行ってはいけない理由は、筋トレをした後、

筋肉の疲労を回復させる期間を与えてあげないと筋肉の回復が追い付きません。

筋肉の回復をしっかり待ちましょう。

 

スポンサーリンク




 

筋トレは短時間で行うことが出来る

2つ目のメリットとして、筋トレは短い時間で行うことが出来ます。

初心者のうちは、特にそうです。私の場合、初めの頃は10分もかからず終わりました。

筋トレに慣れてきて、メニューが増えても30分もあれば終わります。

 

マッチョを目指す場合はもうちょっとかかりますが、

今回はダイエット目的のためマッチョは対象外です。

このように、筋トレは短い時間でも効果を出すことが出来るので、

日々の生活の中に取り込むのも簡単です。

ダイエット目的の筋トレであれば道具は必要ない

マッチョを目指す筋トレの場合、ダンベルなどの筋トレ道具は必須ですが、

ダイエット目的の筋トレであれば、特に道具は必要ないです。

自重筋トレのみで十分な効果があります。

なので、いつでも簡単に始めることが出来ます。

 

スポンサーリンク




 

自重筋トレでどのくらいの体になれるのか

自重筋トレで、筋肉をつけることはできるのか?そう思われる方もいると思います。

自重筋トレとは、腕立て伏せ、スクワットなど、

自分の体重を重り(負荷)にして行う筋トレのことです。

自重筋トレで、筋肉が付くかどうか私の身体で見てみましょう。

↑これが筋トレ前

↑これが筋トレ開始から3か月経過後

どうでしょうか?

3か月間の詳細は、腕立て伏せ、腹筋ローラー、ディップス、懸垂、です。

この4つの内2~3つを3日に1回行っていました。それでこの身体です。

 

しっかりと筋肉がついているのがわかると思います。

この後くらいから、ダンベル筋トレをやり始めたので、

自重のみでどこまでいけるかの検証はできませんでしたが、

自重のみでも筋肉をつけることが出来ると、分かったと思います。

※2018年8月の体がこちら

現在は、自重は懸垂だけでその他はダンベルメインで筋トレしています。

筋トレのデメリット

メリットばかり言いましたが、筋トレにもデメリットはあります。

1つ目は、筋肉痛になる、です。

これは、しっかりと筋トレが出来ている証拠でもあるので、いいことではありますが、

やっぱり筋肉痛は、痛いです。

 

特に初めて腹筋ローラーを行った翌日、笑えないくらいの筋肉痛になり、

治るのに、2週間以上かかりました。

さらに懸垂も、10日以上筋肉痛が治りませんでした。

 

このように筋トレは、常に筋肉痛とセットになっているような感じです。

ちなみに今では筋肉痛は、筋トレの効果が出ている証拠ということで、

心地よく感じています。

筋トレはケガをしやすい

デメリットの2つ目は、筋トレはケガをしやすい、と私は感じています。

40歳から初めて本格的な筋トレをしたので、体のことを考えず、

筋肥大を目指しすぎた結果、ケガをしてしまったので自業自得なのですが、

筋トレは無理をするとケガをする可能性が高くなるので気を付けましょう。

私の考えるデメリットは以上の2つです。

 

スポンサーリンク




 

ダイエットとは何を指すか?

よくダイエットの話題で、何キロ瘦せた?という会話を聞きますが、

この会話は、間違っていると私は思います。

ダイエットは、体重の減少ではなく、体型の変化です。

これを勘違いしている人が多いので、ここでしっかりと勉強してください。

 

ただ体重を落とすだけのダイエットは、いいダイエットとは言えません。

なぜなら、体重だけ落とそうとすればするほど、

まず筋肉から落ちて行ってしまうからです。

筋肉が落ちてしまうと、リバウンドしやすい身体になってしまいます。

 

ダイエットをして痩せても、ただ体重を落としただけだとダイエットを止めたら、

その先に待っているのは、リバウンドです。

では体型を変えるとはどういうことか?というと、

  • ブヨブヨの身体を引き締まった身体にする
  • メリハリのある身体を目指す

 

このような感じだと思います。

引き締まった身体になるには、食事制限だけでは足りず、筋トレも必要です。

メリハリのある身体になるにも、筋トレが必要です。

 

逆に筋トレだけしていれば、食事制限をしなくても、

ある程度引き締まった身体になることが出来ます。

ただし、見るからに食べ過ぎている人はこの限りではありません。

 

そして筋トレは、たとえ途中で止めてしまっても、

すぐにリバウンドしてしまうことはありません。

なぜなら、筋トレは筋肉をつけて基礎代謝を上げ、脂肪の燃焼をうながすからです。

なので止めてしまっても、

筋肉量は増えているのですぐにリバウンドしてしまうことはないです。

だからこそ、私は筋トレダイエットをおすすめします。

ダイエットに効果的な運動は筋トレって知ってますか?のまとめ

いかがでしたか?

ダイエットは正しく行えば消して難しくはありません。

大事なのは正しい方法と継続です。

 

それでは今回の話をまとめます。

  • ジョギングダイエットは、初心者には難しい。
  • 筋トレは、ダイエット初心者には最適な方法である。
  • 筋トレは、短時間で出来る。
  • 筋トレは、筋肉痛と付き合っていかなければならない。
  • 筋トレは、無理をするとすぐにケガをしてしまう。
  • ダイエットとは、体重を減らすことではなく、体型を変えること。
  • 筋トレダイエットは、リバウンドしにくい。

以上のことをお伝えしました。

まずは、腕立て伏せから始めてみてください。出来なければ、膝をついて構いません。

筋トレ初心者がやるべきメニュー、自宅で行える腕立て伏せが最も手軽で効率がいいトレーニングです

あとは、やった人だけが成功者になれます。

わからないことがあれば質問してください。全力でお答えします。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク




 

ピックアップ記事

  1. 四股踏みの効果は筋トレスクワットより上!下半身痩せはこれだけで十分!!
  2. 筋トレ女子は毎日行ってはダメ!女性の正しいダイエット方法とは?
  3. 腹筋の鍛え方、女性が美しいシックスパックを手に入れるには?
  4. 腹筋の鍛え方、ダンベルを使ったトレーニング方法をご紹介します。
  5. メタボ解消法はこれだ!たった二つのことをするだけで3ヶ月でお腹周りをスッキリさせ…

関連記事

  1. 懸垂で肘の内側を怪我した
  2. 筋トレ初心者が細マッチョになった

    初心者のための

    筋トレ初心者が始めに行うメニューとは?

    筋トレ初心者が始めに行うメニューとは何か?ということをお話しし…

  3. ふくらはぎの筋肉

    下半身のトレーニング

    ふくらはぎのむくみは筋トレで解消できる!原因とやり方をご紹介します!!

    足のむくみに悩んでいませんか?長時間たちっぱなしだったり、同じ…

  4. 初心者のための

    夏に筋トレをする時、エアコンはつけた方がいい?

    夏の暑いときに自宅で筋トレをしていると、エアコンをつけたくなりますよね…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. リバウンドしない
  2. MCTオイルのカプセル
  3. MCTオイルで下痢にならない方法
  4. MCTオイル
  5. プッシュアップバーを使った腕立て伏せ
  1. 細マッチョになる方法

    メタボ解消法はこれだ!たった二つのことをするだけで3ヶ月でお腹周りをスッキリさせ…
  2. リバースグリップダンベルプレス

    大胸筋のトレーニング

    リバースグリップダンベルプレスのやり方と効果、インクラインベンチがなくても大胸筋…
  3. 細マッチョ

    細マッチョになる方法

    細マッチョのダンベルの重さや筋トレの回数は?自宅筋トレメニュー完全ガイド!正しい…
  4. 筋トレ講座

    筋トレを毎日するのは逆効果?やり方次第で出来ます。その方法とは?
  5. 腹筋のトレーニング

    腹筋の鍛え方、ダンベルを使ったトレーニング方法をご紹介します。
PAGE TOP