肩のトレーニング

ダンベルショルダープレスのやり方と効果、肩を大きくしたい人は取り組もう

ダンベルショルダープレスは、肩を中心に腕も同時に鍛えられる筋トレ種目です。

慣れてくると、重い重量を上げられるので、肩を大きくしたい人は自分のメニューに追加してみましょう。

 

スポンサーリンク




 

ダンベルショルダープレスで効果のある筋肉

  • 三角筋
  • 僧帽筋
  • 上腕三頭筋

ダンベルショルダープレスは、肩回りを中心にいろんな筋肉を複合的に使うため、高重量を上げることが出来ます。

ダンベルショルダープレスのやり方

  1. 両手にダンベルを持ち、肩の上まで上げる。
  2. 肘を伸ばし、ダンベルを持ち上げる。
  3. 肘を曲げ、ゆっくりダンベルを元の位置まで下ろす。
  4. 2~3の繰り返し。

こちらの動画で詳しく解説されています。

 

スポンサーリンク




 

ダンベルショルダープレスで気をつけるポイント

肩をすくめて行わない

肩をすくめて行うと三角筋の収縮がうまく出来ず、負荷がかからないので肩は落として行うようにしましょう。

そうすることで、肩をすくみづらくなります。

腕を垂直に上げる

ダンベルショルダープレスは、プレス系(押す動作)の筋トレ種目なので、重力に対して真っすぐに上げ下げするのが正しい方法です。

これが斜めになって上げてしまうと、捻りが入ってしまい肩関節をケガしてしまう可能性があるので、腕は垂直に上げて行いましょう。

肘をしっかりと下げる

下げた時に肘が下がりきらずにダンベルを内側へ傾けてしまう人がいますが、これも肩から上腕三頭筋に負荷が逃げてしまい、さらに肘にも負荷がかかるので肘のケガをするリスクが高くなります。

なので、必ずダンベルの下に肘が来るようにトレーニングを行ってください。

人によっては、肘を下げると肩が痛くなる場合があります。

この時は無理に下げないで痛くならない可動域で行うのが良いでしょう。

ケガをしてはせっかくの筋トレも意味がなくなってしまうので。

ダンベルショルダープレスのやり方と効果のまとめ

それでは、まとめます。

  • ダンベルショルダープレスは、三角筋を中心に肩回りを鍛える筋トレ種目である。
  • ダンベルショルダープレスで気を付けることは、肩をすくめない、腕を垂直に上げる、肘をしっかりと下げることを意識して行う。

以上のことをお伝えしました。

あなたもぜひ、ダンベルショルダープレスでたくましい肩を目指しましょう。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク




 

 

ピックアップ記事

  1. 腹筋の鍛え方、ダンベルを使ったトレーニング方法をご紹介します。
  2. 腹筋の鍛え方、女性が美しいシックスパックを手に入れるには?
  3. 筋トレ女子は毎日行ってはダメ!女性の正しいダイエット方法とは?
  4. メタボ解消法はこれだ!たった二つのことをするだけで3ヶ月でお腹周りをスッキリさせ…
  5. 筋トレを毎日するのは逆効果?やり方次第で出来ます。その方法とは?

関連記事

  1. 肩のトレーニング

    アーノルドプレスのやり方と効果、肩を大きくしたい人におすすめ!

    アーノルドプレスとは、あの映画「ターミネーター」シリーズの主演、アーノ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. リバウンドしない
  2. MCTオイルのカプセル
  3. MCTオイルで下痢にならない方法
  4. MCTオイル
  5. プッシュアップバーを使った腕立て伏せ
  1. HMBサプリの飲むタイミング

    ダイエット

    HMBの飲むタイミングは? 効果の出るおすすめのサプリもご紹介します
  2. 腹筋のトレーニング

    腹筋の鍛え方、女性が美しいシックスパックを手に入れるには?
  3. 大胸筋のトレーニング

    大胸筋の鍛え方、自宅で簡単に行えるメニュー
  4. 自重トレーニング

    サイドプランクのやり方と効果|ウエストの引き締め効果があります
  5. 相撲スクワット(四股スクワット)のやり方

    下半身のトレーニング

    相撲スクワット(四股スクワット)のやり方|男女とも効果絶大!AYAさんも筋トレメ…
PAGE TOP