大胸筋のトレーニング

ダンベルフライで肩が痛い時の対処法!鍵は肩甲骨にあり!!

ダンベルフライは、大胸筋にダイレクトに負荷をかけられる種目として人気が高いです。

人気の高さから見よう見まねで行っている人も多い。

こうゆう時に怪我って起こるんですね。

ダンベルフライでけがをするのは肩が圧倒的に多いです。

せっかく頑張って筋トレしても怪我をしてしまっては元も子もないので、今回はダンベルフライで肩が痛い時の対処法ということで肩が痛くならない方法をお伝えします。




ダンベルフライは肩甲骨を寄せて行う

ダンベルフライで肩が痛い時と言うのはフォームが間違っているときが多いです。

正しいフォームで出来ていますか?

自分のフォームを今一度確認してみましょう。

ダンベルフライの詳しい解説はこちらで確認できます。

 

ダンベルフライで重要なのは肩甲骨を寄せて行えているか?です。

写真で確認してみましょう。

肩甲骨を寄せていないフォーム
肩甲骨を寄せたフォーム

左が何も考えず腕を開いた状態。

右が肩甲骨を寄せて腕を開いた状態。

イメージとしては脇を締めて胸を張る。

これを意識して行えば、肩甲骨を寄せることが出来ます。

この時の肩の位置が重要で肩甲骨を寄せていない方は肩が上がっています。

一方、肩甲骨を寄せた方は、肩が下がっている。

これの意味するところは、左の写真は肩に力が入ってしまっているということ。

これが肩が痛くなってしまう原因です。

右の写真は肩に力が入っていないので痛くなることはありません。

この状態でダンベルフライをするんですね。

こうすることで肩が痛くならずにトレーニングをすることが出来ます。

肩甲骨を寄せるのは多くの種目で必要になるので出来るようになりましょう。

背中は見えないので意識しづらいですが数をこなせば慣れて出来るようになります。

まずは何も持たずに肩甲骨を寄せる動作を身につけましょう。

 

スポンサーリンク




 

重量が重すぎる

しっかり肩甲骨を寄せて行っているのにそれでも肩が痛い場合、単純にその重量が重すぎるのかもしれません。

筋トレって実はものすごく奥が深くて、負荷が軽いと効果が出ないし、負荷が強すぎると怪我のリスクが増える。

今回は負荷が強すぎる方ですね。

負荷が強すぎるということは、ターゲットの筋肉だけではトレーニングが出来ないということです。

そんなときはどうなるか?

身体はあらゆる部位の筋肉や関節を使ってそのトレーニングが出来るようにしようとします。

その過程で肩の怪我につながる恐れがあるんですね。

なので重量設定は重すぎることがないように気をつけてください。

 

重量の目安

じゃあ重量設定はどのようにすればいいか?

ということで説明します。

筋トレで筋肥大を目指すトレーニングの場合、10回前後で限界が来る重量で行うのが基本です。

10回前後で限界が来る重さの目安は、最大で挙げられる重量の80%が目安になります。

この重量を目安に重量設定してみてください。

 

ダンベルフライで肩が痛い時の対処法!のまとめ

ダンベルフライで肩が痛い時の対処法をお伝えしてきました。

  • 肩甲骨を寄せて行うことで肩が痛くならない。
  • 重量設定は最大で挙げられる重量の80%を目安に設定する。

これらをしっかりと実践すれば肩が痛くなることはそこまで多くないと思います。

それでも肩が痛いときは、筋を痛めてしまっているかもしれないのでその時は医者か接骨院で診てもらいましょう。

無理をせず、正しい知識と正しいフォームで行えば必ず筋肉は付いてきます。

諦めずに継続して行っていきましょう。

 

それでは本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

↓ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村


筋力トレーニングランキング

スポンサーリンク




 

 

 

ピックアップ記事

  1. 四股踏みの効果は筋トレスクワットより上!下半身痩せはこれだけで十分!!
  2. 筋トレを毎日するのは逆効果?やり方次第で出来ます。その方法とは?
  3. 腹筋の鍛え方、女性が美しいシックスパックを手に入れるには?
  4. 大胸筋の鍛え方、自宅で簡単に行えるメニュー
  5. 細マッチョのダンベルの重さや筋トレの回数は?自宅筋トレメニュー完全ガイド!正しい…

関連記事

  1. 大胸筋のトレーニング

    ダンベルフライを片手ずつ行ってもいい?基本はもう1つ用意して両手で行ったほうがいい

    ダンベルを1つだけ持っていてダンベルフライを行いたいという質問がありま…

  2. 大胸筋のトレーニング

    大胸筋の鍛え方、自宅で簡単に行えるメニュー

    筋トレを始めてまず最初に鍛えたい部位と言えば大胸筋ですよね。な…

  3. 腕立て伏せのやり方
  4. 細マッチョになるための自宅筋トレメニューインクラインダンベルプレス
  5. ダンベルフライのやり方

    大胸筋のトレーニング

    ダンベルフライが効かない?理由と効果的なやり方を教えます

    ダンベルフライは大胸筋を鍛えるトレーニングで、その中でも特に人気の高い…

  6. 細マッチョになるための自宅筋トレメニューインクラインダンベルプレス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. リバウンドしない
  2. MCTオイルのカプセル
  3. MCTオイルで下痢にならない方法
  4. MCTオイル
  5. プッシュアップバーを使った腕立て伏せ
  1. リバースグリップダンベルプレス

    大胸筋のトレーニング

    リバースグリップダンベルプレスのやり方と効果、インクラインベンチがなくても大胸筋…
  2. 筋トレ女子のダイエット

    ダイエット

    筋トレ女子は毎日行ってはダメ!女性の正しいダイエット方法とは?
  3. 大胸筋のトレーニング

    大胸筋の鍛え方、自宅で簡単に行えるメニュー
  4. 筋トレ講座

    筋トレを毎日するのは逆効果?やり方次第で出来ます。その方法とは?
  5. 四股踏みとスクワット

    下半身のトレーニング

    「四股踏み」と「スクワット」効果が高いほうはどっち?
PAGE TOP