筋トレメニュー

デッドリフトをダンベルで行うためのやり方と注意すること

デッドリフトとは、筋トレBIG3と呼ばれている筋トレメニューの中のトップクラスの種目です。

今日は、デッドリフトをダンベルで行う時のやり方と注意することについてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク




 

ダンベルデッドリフトで鍛えられる筋肉

 

  • 脊柱起立筋
  • 僧帽筋
  • 大腿四頭筋
  • 大殿筋
  • ハムストリングス
  • 広背筋

このように、多くの筋肉が動員される種目なので筋トレBIG3の1つと呼ばれています。

 

ダンベルデッドリフトのやり方

 

  1. ダンベルを持ち上げ、背筋を伸ばし、肩を落としてスタートポジション。
  2. 骨盤を前傾させ、膝をまげて背中を丸めないように、ダンベルをひざ下くらいまで下ろす。
  3. スタートポジションまで持ち上げ、最後に胸を張る。
  4. 2~3の繰り返し。

 

ダンベルデッドリフトの動画

 

 

 

 

ダンベルデッドリフトで注意すること

 

背中を丸めない

 

背中を丸めて行ってしまうとすぐに腰をケガしてしまいます。

必ず背筋を伸ばし、お尻を突き出して行うようにしましょう。

最初は何も持たずに、フォームの習得から行うのもアリです。

 

また、腰に不安のある人や高重量を扱う場合は、パワーベルトを使い、腰を守りましょう。

 

膝をつま先より前に出さない

 

ダンベルを下ろした時に膝がつま先より前に出てしまうと、膝を壊す原因になります。

特に、重量が上がるほどリスクは高くなるので、気を付けましょう。

しっかりとお尻を突き出すと膝がつま先より前に出ることはなくなります。

 

スポンサーリンク




 

足と背中で引き上げる

 

手はダンベルを支えるだけで、足で持ち上げ、背中で引く感覚で行いましょう。

手で引き上げてしまうと、フォームが崩れ、ケガの原因になりやすいです。

重量が上がって、手で支えるのがきつくなってきたら、リストストラップを使ってみてください。

握力を使わずに出来るので、最後まで追い込めます。

ダンベルデッドリフトのまとめ

 

ダンベルデッドリフトは全身を鍛えるのに最適な筋トレ種目の1つです。

ですが、フォームが崩れてしまったり、間違ったままトレーニングすると、すぐにケガをしてしまう種目でもあります。

 

なので、正しいフォームをしっかり身につけてからトレーニングをすることをお勧めします。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク




 

ピックアップ記事

  1. 腹筋の鍛え方、ダンベルを使ったトレーニング方法をご紹介します。
  2. 筋トレ女子は毎日行ってはダメ!女性の正しいダイエット方法とは?
  3. 大胸筋の鍛え方、自宅で簡単に行えるメニュー
  4. 細マッチョのダンベルの重さや筋トレの回数は?自宅筋トレメニュー完全ガイド!正しい…
  5. メタボ解消法はこれだ!たった二つのことをするだけで3ヶ月でお腹周りをスッキリさせ…

関連記事

  1. 筋トレメニュー

    バーベルフロントプレスで肩幅を大きくできる!逆三角形に必須の筋トレ!!

    バーベルフロントプレスは、肩回りを鍛える筋トレ種目です。三角筋…

  2. 大胸筋内側を鍛える方法
  3. インクラインダンベルフライ

    大胸筋のトレーニング

    インクラインダンベルフライの重さは?効果とやり方を解説します

    インクラインダンベルフライは、角度のついたインクラインベンチに横になり…

  4. 筋トレメニュー

    バックプレスで肩を鍛える!モテる身体になります!!

    バックプレスってご存知ですか?あまり聞きなれない種目ですが、こ…

  5. 筋トレメニュー

    ダンベルベントオーバーロウイングのやり方と効果、逞しい背中を手に入れよう!

    ダンベルベントオーバーロウイングは、背中の筋肉である広背筋や大円筋を鍛…

  6. 筋トレメニュー

    デッドリフトでやってしまいがちな間違ったフォームとやり方を解説します

    デッドリフトは、筋トレBIG3と呼ばれている筋トレ種目の一つです。(他…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. リバウンドしない
  2. MCTオイルのカプセル
  3. MCTオイルで下痢にならない方法
  4. MCTオイル
  5. プッシュアップバーを使った腕立て伏せ
  1. 細マッチョ

    筋トレ講座

    40代の筋トレ初心者が初めにすること、トレーニングよりも大事なこと、まずは知識の…
  2. 腹筋のトレーニング

    腹筋の鍛え方、ダンベルを使ったトレーニング方法をご紹介します。
  3. 自重トレーニング

    サイドプランクのやり方と効果|ウエストの引き締め効果があります
  4. 筋トレ講座

    筋トレを毎日するのは逆効果?やり方次第で出来ます。その方法とは?
  5. 細マッチョ

    細マッチョになる方法

    細マッチョのダンベルの重さや筋トレの回数は?自宅筋トレメニュー完全ガイド!正しい…
PAGE TOP