インクラインダンベルフライ

大胸筋のトレーニング

インクラインダンベルフライの重さは?効果とやり方を解説します

インクラインダンベルフライは、角度のついたインクラインベンチに横になり、両手にダンベルを持ち開閉を行い、大胸筋上部を鍛える筋トレです。

ダンベルベンチプレスと組み合わせて行うことで、パンパンに張った大胸筋を作り上げることができます。

ここでは、インクラインダンベルフライのやり方や動画などをご紹介します。




インクラインダンベルフライで鍛えられる筋肉

  • 大胸筋上部

インクラインダンベルフライは、上腕三頭筋関与が少ないので、大胸筋を効率よく鍛えることができます。

また、角度をつけている(インクライン)のでより大胸筋上部に的を絞って鍛えることができます。

 

インクラインダンベルフライのやり方

 

  1. ダンベルを持ち、インクラインベンチに横になる。
  2. 肩甲骨を寄せて、胸を張り、スタートポジションに構える。
  3. 肘が90度くらいになるまで曲げながら、ゆっくり下ろす。
  4. 元の位置まで戻す。
  5. 3~4の繰り返し。

それでは、こちらの動画で確認してみましょう。

インクラインダンベルフライのポイント

インクラインダンベルフライのやり方

ここからはインクラインダンベルフライのポイントを説明します。

肘をロックしない

私も昔、やっていたんですが、肘を伸ばしたまま行ってしまうと、三角筋や上腕二頭筋に負荷が逃げてしまい、大胸筋を追い込むことができない為、必ず肘は曲げて行うようにしましょう。

 

大胸筋上部を意識して行う

筋トレで大事なことは、何のためにやっているのか?ということを考えながらやった方がいいです。

なぜなら、筋肉は意識して使うことで、より発達しやすくなるからです。

なので、筋トレをする時は、どの筋肉に効かせるか?ということを意識しながら行うようにしましょう。



 

高重量では行わない

インクラインダンベルフライは、フライ系の種目なので、単関節運動です。なので、高重量を求めるのではなく、正しいフォームで大胸筋に効かせられるように行いましょう。

そうなると、扱う重量は、完全にコントロールできる重さにして、大胸筋の収縮を意識出来るようにしましょう。

 

初めのうちは、浅い角度のインクラインから入る

大胸筋上部は、意識するのが難しいので、最初の内は、浅い角度で軽い重量で行い、しっかり意識できるようになったら、徐々に角度と重量を上げましょう。

角度は、最大でも45度までしておきます。

それ以上だと、大胸筋ではなく、三角筋などの肩に負荷が逃げてしまうからです。

 

インクラインダンベルフライのまとめ

 

  • 肘をロックしない。
  • 大胸筋上部を意識して行う。
  • 高重量では行わない。
  • 浅い角度のインクラインから始める。

インクラインダンベルフライは、ベンチプレスでは追い込み切れない大胸筋上部を鍛えることができます。

ぜひメニューに取り入れてパンパンに張った胸板を手に入れましょう。

 

それでは本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク




 

ピックアップ記事

  1. 四股踏みの効果は筋トレスクワットより上!下半身痩せはこれだけで十分!!
  2. 筋トレを毎日するのは逆効果?やり方次第で出来ます。その方法とは?
  3. 筋トレ女子は毎日行ってはダメ!女性の正しいダイエット方法とは?
  4. 腹筋の鍛え方、女性が美しいシックスパックを手に入れるには?
  5. 腹筋の鍛え方、ダンベルを使ったトレーニング方法をご紹介します。

関連記事

  1. 筋トレメニュー

    コンセントレーションカールで太く、逞しい腕を手に入れよう!

    太く盛り上がった力こぶ、男性なら一度は憧れたことがあると思います。…

  2. 筋トレメニュー

    ベントオーバーローイングは背筋に効果絶大!やり方と効果のまとめ

    ベントオーバーローイングは、背中を鍛えたいトレーニーには最適な筋トレ種…

  3. ダンベルベンチプレス20kgで作った身体
  4. 細マッチョになるための自宅筋トレメニューインクラインダンベルプレス
  5. 大胸筋のトレーニング

    ダンベルフライを片手ずつ行ってもいい?基本はもう1つ用意して両手で行ったほうがいい

    ダンベルを1つだけ持っていてダンベルフライを行いたいという質問がありま…

  6. 大胸筋のトレーニング

    ダンベルフライの重量の目安は?初心者の平均やダンベルプレスとの違いも解説します

    ダンベルフライの重量の目安は?重い方が良いのか?軽い方が良いの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. リバウンドしない
  2. MCTオイルのカプセル
  3. MCTオイルで下痢にならない方法
  4. MCTオイル
  5. プッシュアップバーを使った腕立て伏せ
  1. 四股踏みとスクワット

    下半身のトレーニング

    「四股踏み」と「スクワット」効果が高いほうはどっち?
  2. 四股踏みの効果とやり方

    下半身のトレーニング

    四股踏みの効果は筋トレスクワットより上!下半身痩せはこれだけで十分!!
  3. 細マッチョ

    細マッチョになる方法

    細マッチョのダンベルの重さや筋トレの回数は?自宅筋トレメニュー完全ガイド!正しい…
  4. 細マッチョになる方法

    メタボ解消法はこれだ!たった二つのことをするだけで3ヶ月でお腹周りをスッキリさせ…
  5. リバースグリップダンベルプレス

    大胸筋のトレーニング

    リバースグリップダンベルプレスのやり方と効果、インクラインベンチがなくても大胸筋…
PAGE TOP